白豕と淡雪

革靴、装い、たまに二次元。暇に飽かせて筆の赴くまま……

ゲバラとKENZOとマウロゴヴェルナ,そして追憶のヴァルディターロ

 先日、古着屋を覗いてきました。その戦果がこれ。

f:id:awayuki34:20170709211108j:plain

古本屋も兼ねていたので、1冊だけ買いましたが、まあそれは置いておいて。

 

マウロゴヴェルナと聞いてピンとくる方はそれほど多くないかもしれませんね。

f:id:awayuki34:20170709211445j:plain

まあ言ってみれば上質な革と、ロゴを表に出さない上品さが売りのイタリアの鞄ブランド。

ちなみにお値段は普通の牛革だと20万円~くらいになります。エキゾチックレザーも得意なので、そちらはもっと高い。

 

定価では絶対買いませんし買えませんが、全くブランドを主張しないその姿勢ゆえに以前から気になる存在ではありました。

 

 わざわざ古着屋まで出張った以上、それを幾らで買ったのか。それが味噌ですね。

勿体ぶるような話でもありませんから書きましょう、1680円です。

 

 値札のシールをさかのぼっていくと最初は6000円だったよう。それでもお買得ですね。

f:id:awayuki34:20170709212327j:plainコンパクトな見た目に反して、大仰なまでの収納力。表はため息が出るほど柔らかい牛革。内張りは豚のスエードでしょうか。

 

 使い込まれてはいるものの、前の持ち主の方が丁寧に扱っていたことが想像できるコンディションでした。そういう物が好きです。

 

 古物の宿命ですが、良い物ではなく、人気のある物が高い物なのですね。ジャケットなんかを眺めていてもそうですが、酷くマイナーな十数万の物より、知名度のある2万円のジャケットの方が高かったりする。

 

 まあ、逆に言えばそういう穴を見つけるのが楽しいわけですが…

 

f:id:awayuki34:20170709213449j:plain

KENZOのシャツはレーヨン100%

普段化繊嫌いを装ってはいますが、レーヨンのシャツは大好物です。このてろんとした風合いは、1度味わうと止められません。

 

 こういうブランドのシャツって、結局語るべきことはないんですよね…品質が素晴らしいとか素材が群を抜いている、とかいうことはなく。好きか嫌いかというそれに尽きる。

私はデザイナーズに興味はない方です。といっても安ければ別。このシャツは800円ですからね。

 

 で、ヴァルディターロ。ご存じない方に一言で説明するなら、イタリアの中堅ジャケットブランドです。CARUSOの系列なのかな?目安としては10万円くらいでしょう。

 

 実はコットンリネンで、薄いオレンジ色のヴァルディターロが売っていましてね…しかも1280円だっていうんですよ。

少し前の物だけあって、随所のハンドが美しいんです!状態も可也良い。

 

  肩も、ウエストも合っている。ですが袖が少し太いんです…最近の、まるっきり腕と同じ太さのスーツは情けない代物ですが如何せんこれは太過ぎる。

 

おまけに私の背が低いので、着丈も随分と長い。クラシックというよりか、長い。

なまじ肩と胴がジャストなので諦めるのは辛かったですが、細々としたお直しが1万円ではきかないと思ったので止めました。うーん、思い出しても切ない。

 

 というわけで、古着屋で購入した物の報告でした。最近は物への執着が薄れてきて、古着屋でも量というよりかは選りすぐったものを2,3個買うので満足できるようになりました。

以前はかごいっぱいにレジへ持っていってましたからね…今思うと余計なものも買ったなあ、という気がしてなりません。

 

  それとですね、私も大学1年生として、少し前から夏休みに入りました。勿論、休みを生かして存分に筆を振るうのが真っ当なブロガーでしょう。しかしまあ、何と言いますか…この夏休みの間に記事を書き溜めようかなあと思いまして。

 故に次のポストは、夏休み明け、詰まりが10月の頭になろうと思います。そんなこと言っておいて、書きたくなったらしれっと投稿するかもしれませんが、基本は鳥渡お休み。

 それでは皆様、良い夏を。

私の初革靴について

  私が初めて革靴を手にしたのは高校1年生の時、母が入学祝にと買ってくれた物でした。

 

 中学生だったある日、朝日新聞で赤峰幸男先生(私淑,しかしそのコラム以外に読んだことはなく)が連載されていたコラム「男の流儀 粋を極める」を読んで以来、紳士の装いってなんだろう、と考え続けていた私。

 革靴を買ってもらえると聞いて狂喜乱舞したのは言うまでもありません。

 

 リーガルアウトレットでの出来事は今でも朧気ながら思い出すことができます。

ベージュのタッセルローファーを見つけ、これにしようかなあと思った矢先のこと。

母に呼ばれ、突き出された茶色のプレーントゥ…リーガルウォーカーでした。

f:id:awayuki34:20170627195138j:plain

 私も今ほど革靴については知りませんでしたが、恐らくこれが私の考える「紳士靴」でないのは気付きました。walkerの文字が鮮やかに語るウォーキングシューズ感。

間の抜けたふわふわの靴底、トゥは如何にもぼってりとしてスマートさがない…ささやかなる抵抗を試みますが、母は気に入ってしまっているし店員さんの手前この靴を貶すのも忍びない。折れました。

 

 母がレジに向かうのを暗澹たる気持ちで眺め、店を出た際ぽろっと口から零れたのは

「これなら買ってもらわないほうが良かった」という言葉。これについては悔やんでも悔やみきれません。

 

 しかし履いてみると、何とも履き心地がいい。スニーカーみたい?いやスニーカーよりも快適です。最初から完璧に馴染んだ、第二の皮膚のよう。結構人に褒められたりしたこともあり、一気に気に入ってしまいました。

 

 小旅行のお供は必ずこれでした。初めての革靴がこれだったから、今私は革靴が窮屈でもないし堅苦しくもないと思えるんだと思います。

f:id:awayuki34:20170627201354j:plainf:id:awayuki34:20170627201414j:plain

f:id:awayuki34:20170627201438j:plainf:id:awayuki34:20170627201427j:plain

 たまたま写真に写っていた足元を抜き出してみました。スラックス、チノパンにデニム、邪道かもしれませんがスーツにだって合わせます。

 

 ゴアテックス装備の防水靴ですが、雨の日に履いたことはありません。幾ら大丈夫と言われたって濡らせない、大切な靴。

磨き上げたこの靴の表情が本当に好きです。母からは光りすぎて合皮みたいだと笑われましたが、私はこの艶が自慢です。

 

 ステッチダウンという製法ですが、オールソールやヒールの修理もできるそうです。長く履けそうですね。少なくともあと10年は履きたいところ。

 

 私もついついカッコつけたくなると、この靴ではなくて他の靴を選びがちです。そんな時、自分は靴にランク付けしてる嫌な奴だなあと思わされます。

でもこの靴は私の原点ですし、今でも履くと色々な感慨の湧き上がる大切な相棒です。

 

 今日は、私の大切な初革靴の紹介でした。リーガルの下位グレードと見られがちですが、機能性に優れたいいモデルが色々あります。一度履いてみて頂きたい靴です。

たまにはTシャツの話を~ランズエンド スーパーT~

 Lands’end。時折新聞に広告が出ているので見たことある方も多いはず。L.L.beanと似ているような気がしないでもないアメリカの大手ファッション通販ブランドです。

 

 ところで私はドレスシャツが大好き。といいますか、服やら靴にまつわる流言蜚語をここで垂れ流すくらいにはファッションが好きです。

でも普段学校に通うときはTシャツ、ジャージ、運動靴。別に大学で洒落っ気出してもなあ…という諦観ですかね。とまあそれは置いておいて、私にとってTシャツは案外身近な存在なのです。

 

 とある方のブログで、ランズエンドのBDシャツが最高だとか聞いていましたし、広告のたびに楽しく眺めてはいましたが、手を出したのは今回が初めて。

・1着につき500円引き

・3着買うと収納袋プレゼント

・刺繍無料

この3点バーストに狙われて耐えられるものなんていないってことですよ…Tシャツの話です。

f:id:awayuki34:20170626170100j:plain

言われるがまま3着選んだのですが、グレーは遅れるとか何とか。まあ、いいです。

おまけの袋は左側の物。Tシャツと同素材でできていて、なかなか便利そうです。

 

 割引されて1着1500円。何でも凄く丈夫だということらしいですが、それは鳥渡今すぐ検証はできませんので失礼して。でも試着した感じは結構いいですよ。サイズ感も大きすぎず小さすぎず。ただ、私は太めなのでスマートな方はスリムフィットを選ばれるといいかもしれません。

 

 それと、確認しなかった私の粗相ですが、イニシャルは大きめなんですね…

もっと小さいかなあ、と思い込んでいましたが結構目立つ。レディースっぽくなってしまった…グレーにはピンクのイニシャルなんですが大丈夫なのかな。

地味な色にするか、袖や裾に刺繍してもらうといいかもしれません。

f:id:awayuki34:20170626170704j:plain水色は袖にペンギンの刺繍。

本当にバリエーション豊かなので何にするか悩むだけで日が暮れるでしょう。私は時間の都合上急いで注文しなければなりませんでしたが…無念。

 

  Tシャツを買っただけですが、何冊もカタログや書類が同封されていて丁寧な印象を受けました。カタログを見る限りだと、Tシャツ以外は結構お高めですね…サイトではセールなども行っているようですからそちらをチェックするとお得に買えるかもしれません。

 

 ということで、ランズエンドのTシャツについてでした。色、刺繍、本当に選ぶ楽しみがいっぱいです。是非見てみてください。

イタリアブランド○○製~よくある話とButteroの鞄~

 まあ気にしたら負けという類の話ですが、イギリスのブランドなのにイギリス製じゃないとか、イタリアのブランドなのに(以下略)、というのは全く有り触れた話です。

f:id:awayuki34:20170626175734j:plainf:id:awayuki34:20170626175751j:plain

結構な有名どころでもそうなのですから、Butteroの、しかも鞄が日本製だって不平を垂れるのは筋違いといえるのかもしれません。

f:id:awayuki34:20170626180146j:plain

 靴メーカーが平然と眼鏡を売る今、靴メーカーの鞄はまだ常識の範囲内。

 これはJacket required別注のトートバッグ。私愛用の鞄です。大きめなので普段使いから、日帰りの旅行まで何でもこなせそうです。

 

 Jacket requiredは確か2店舗ほど構えるセレクトショップですが、何より通販カタログが面白い。新聞などで見かけるライトアップショッピングの系列で、こちらのカタログも上質で素的ですが、Jacket~の方は全くインポートに傾倒しています。

 ベルベストやらイザイアやら、鳥渡手の届かないものは全く目の保養ですがまあ常識的な値段の物もあります。この鞄はそんなものの一つ。

 

 素材はイタリア製。縫製は日本製。ある意味では信頼できる組合せかもしれない…

f:id:awayuki34:20170626180704j:plain非常に肉厚の革がいいですね。繊細さとはかけ離れた、素朴な鞄です。裏地が迷彩柄なのがお気に入りのポイント。迷彩好きなのです。

 

 ブッテロといえば専ら靴のイメージですが、鞄も悪くない。今、公式サイトも覗いてみましたが飾りのない、ともすれば素っ気ないような雰囲気が逆に魅力ですね。ユニセックスで使えそうなものも多いですし、男女問わずチェックしてみてほしいです。

 

 靴も近々レディースにはお目にかかれそうなので、何か書けるかな?

 それとカタログを勧めましたが、Jacket requiredは公式サイトでセールをするので、そちらを狙うのもありかも。この鞄はカタログで注文したものの、後にネットで4割引きになっており、悔悟の涙を流したものです。

フリーゲーム Summer×3レビュー

f:id:awayuki34:20170613152223j:plain

 2012年発表の作品。あまりこういう表現を使いたくはないですが、フリーゲーム離れしたクオリティ。特に素晴らしいのは声です。フリーゲームって無償で配布するものですから基本的に声優さんは付かないのが普通。

 でもこのゲームは二十数人に及ぼうかという登場人物全員に声が充てられていますし、それぞれピッタリなんです!なんと主題歌まであります。

 

 あとは絵の美しさですよね。これは好みは置いておいて、結構上手いと誰しも思うのではないでしょうか。それもそのはずといいますか、このゲームを作ったスタッフはその後商業作品でデビューしているんです(今はないブランドですが…)。

f:id:awayuki34:20170613152324j:plain

 

 と、手放しで褒めましたが難がないわけではなくて…それはシナリオなのです。

 途中までは、実に楽しい。物語に惹きこむ力があるのでしょうか、突っ込みどころは多いもののそれすら気にならずにぐいぐい読ませてくる。キャラクターが生き生きしているのです。

 

 じゃあなぜシナリオにケチを付けるのか?これはもう、絶望的なまでにラストがよろしくないわけです。締まらないというか、単刀直入に申せば詰まらな…いえ、それでも読ませるあたりがライターの筆力なのかもしれませんが。

 

 このゲーム、どういうわけか案外狭いフリーゲームの世界で話題にならない。

そこで、こうして私が鳥渡肩入れしているわけですが、シナリオのせいで万人には勧められません。誰しもが楽しめる優しい雰囲気が上手く作られているのに勿体ないのですが、真面目でシナリオ重視の方は到底楽しめないのが目に見えています。

 

ですが、ご都合主義やトンデモ展開にあふれたラストを見て見ぬふりができる、もしくは笑って許せる方ならぜひプレイしていただきたいゲームです。

 

以下、簡単なあらすじとキャラクター別の感想など。

 

 所は日本、時代は明言されていませんが、明治くらいかな?まあ余り考証するのは野暮ですかね。歴史ものではないので深く考えると負けだと思います(その辺は可也適当なので)。

 下宿屋の子である主人公の京太郎のもとに幼い頃一度会ったきりのイギリスの女の子が訪ねてくる。悪友の悟と幼なじみの女の子たち3人も混ざって5人で楽しい一夏を過ごす、というのが大まかなところ。

 

 恋愛もあります。というかメインのはずなんですが、普通に皆で遊んでいる共通部分のほうが楽しいんですよね!まあ4人の女の子それぞれにルートがあって、エンディングは4種類です。

 

 では、そのキャラクターごとの感想をば。

 ネタバレが大いにありますので、ゲームをやりたい方は読まないでほしいです。やりたくなった方…いるのかな。私の説明が拙すぎてゲームの良さを紹介できてない気がしてなりません。

 

・胡桃ルート

f:id:awayuki34:20170718203109p:plain

奥のちっちゃな女の子の方が可愛い、とか言っちゃ駄目だ!茶髪が胡桃。

 

 気が強くて京太郎に対して素直になれない八百屋の一人娘。まず八百屋というのがいい!古来野菜を売るヒロインがいたでしょうかね。この謎の温かみがこのゲームの魅力ですよ。

 のっけから脱線してしまいましたが、諸々を経てついには京太郎と付き合い始める胡桃。その矢先に記憶障害になって仲間のこと、ついには京太郎のことすら忘れてしまうのです。それでも京太郎はその胡桃を受け入れてずっと傍にいる…美しき哉純愛!

 

 ここでやめておけばいいのに、何年か経った後が鳥渡描かれる。亡くなった胡桃、京太郎は2人の間に生まれた子供にやさしく語りかける…

 胡桃は記憶が長時間持たないのに、チャイルドが何故?これは私の頭を抱えさせるに充分すぎる謎でした。このラストのせいでしこりが残ったんですよね。

 

・千歳ルート

f:id:awayuki34:20170613152300j:plain

     京太郎はなかなかに優しい好青年、一人称は「僕」←重要

 

 可愛いよ千歳ちゃん!黒髪に黒い着物が似合ってるね!見た目通りクールだけど本当は少しさびしがり屋さん…定番です。 

 一生懸命体の弱いお母さんを気遣って家の仕事(本屋、和本です)に励む千歳ちゃん。それを手伝う京太郎。二人の距離が縮まらないわけはないですね。

 幸せな未来が120%私の脳裏に浮かびあがる…ゴールはもう近い!そうは問屋が卸さないのがこのゲームだ。

 

 そうは言っても4人の中ではまだこのルートが一番まとまりがあって完成度の高いものでした。

 ある日京太郎の奴がリズ(後述)に乞われて手をつないでしまったのが運の尽き。それを見た千歳ちゃんが所謂ヤンデレ的ディメンションに達した結果、鳥渡だけハサミが炸裂して血がちょびっとだけ流れ…はしますが大丈夫、ハッピーエンドです。

 

 とある事件からの、「恋する乙女は何でもできちゃうんですよ」という台詞!このシークエンスはこのルート、いやこのゲームきっての名シーンだと確信しています。

 

    

 

・桜子ルート

f:id:awayuki34:20170718202033p:plain

作品の時代を特定させないのが彼女。服から髪の色から、近未来的。他の子は和服なのに!

 

 京太郎、お前桜子ちゃんのことが好きだったのか…?短兵急の告白を以て他に比べるとあっさり二人は結ばれ…やっぱりそうはいかないのね!

桜子のパパが来襲ですよ。貿易会社の社長とか言ってるが、どう見ても八九三にしかみえないです。ブルジョワらしく庶民が徹底的に嫌いなので勿論庶民代表の京太郎もゴミ扱い。引き離される二人…

 いやフィクションってのは恐ろしいな!なんやかんやあって二人は結ばれます。しかも京太郎、何もしていないじゃないか。

あと、このルートだけ不思議ワールドが展開されており、桜子にキツネやウサギの耳が生えたりするのです。厳然たる蛇足。可愛いからって何でも許されるわけではないのですよ…

 

 

・リズルート

f:id:awayuki34:20170718202605p:plain

 多分メインはこの子。想い出の花火を見るため外国から来るっていうのが先ず以てゲームっぽいことこの上ないですなあ。このルートは桜子の話と似ていなくもないのですが、こちらのパパは優しくて娘を愛しているうえ、京太郎にも理解があるダンディ。しかし妻に頭が上がらない。

 

 要はこちら、リズと京太郎にとっての障碍はママ&リズのフィアンセ。このフィアンセが曲者で、こいつもブルジョワ的精神を涵養されきって庶民を馬鹿にするわけですよ。ところがどうだ、最後は味方だったはずのママに切り捨てられる…ママはビジネスライクなんですね。

 

 このルートで桜子がとった行動はやや腑に落ちないものでした。君は社長なのか、という。ラストも極めて物足りなく、メインの貫録を欠いたルートだったかもしれません。このルートこそ、二人のその後について触れてほしかったのですが。

 

 

 ということで、久々に二次元への熱い思いを迸らせてしまった…

個人的には埋もれてほしくないゲームです。色々と物足りない部分もありますが、無料ですから是非ダウンロードしてプレイしてほしい。

鳥渡だけやろうかな、と思っても随分時間が経っていた!なんてことがあるかも?それくらい面白いゲームでした。

 

7.28追記

「Summer×3」とか、「Summer×3 フリーゲーム」とか で検索しても引っかからないようなので(何故?)、トップページのアドレスを貼っておきます。

とっぷ - summer-3 Jimdoページ