白豕と淡雪

革靴、装い、たまに二次元。暇に飽かせて筆の赴くまま……

初めましてと、私的イタリア靴考

 

 ブログなるもの、いやインターネット上に何かを書くことに不慣れでして色々間違っている気がしてなりません。そこら辺、どうぞご寛恕を。

 

f:id:awayuki34:20170531204156j:plainf:id:awayuki34:20170602000059j:plain

 で、初っ端から下世話な話で申し訳ないのですが、この靴幾らに見えますか?

どうでもいいことですが靴好きのためにスペックを書いておくと

・レザーソール

・ブラックラピド製法

・ライニングも革

・イタリア製

・靴もソールも手塗り仕上げ

 

これが、日本に輸入されて(=余計なマージンがかかって)なお1万円です。

※おいおい5千円にしか見えなかったぞという方、すみません。多分1万には見えないという仮定で語ってます。

 日本で1万円の靴を何気なく買おうとすれば、ゴム底を接着剤でくっつけた黒い靴しか手に入らないでしょう。個人的には日本製で同じ程度のものを買うには少なく見積もって3万円以上必要だと思います。

今、喜ばしいことにイタリアファッションは全盛です。猫も杓子もイタリアで、雑誌も店も競って取り上げる。イタリアの靴もかなり日本に入っています。ですが、世のイタ靴好きが漏れなく押さえているような高級品で以てイタリアが靴の国になったわけではないと思う。

手の届く価格で上質を実現できる。これが本場の本場たる所以です。

 

 

この靴メーカー(brecosといいます)のものは気に入りすぎて4足ほど持っているので、追々紹介できたらと思います。