白豕と淡雪

革靴、装い、たまに二次元。暇に飽かせて筆の赴くまま……

夏が来る、茶色を着よう

 茶色なんて聞くともれなく秋や冬を連想してしまいがちですが、偏見を捨てて辺りを見渡せば、茶色の夏服は転がっています。

 ああそうだね、夏に茶系のスーツは最高だよ、特にモヘアがいい。という方は少々このブログを読むにはレベルが高すぎるので、戻るボタンを押すか、お情けに私の他の記事でも眺めてやってください。

 

 茶色の服は上から下まで色々ありますが、そんな中で誰でも取り入れやすくて楽しめるのはズボンではないでしょうか。特にサマーウールのスラックスなら夏でも快適ですよね。個人的には夏のズボンには、デニムでもチノパンでもなくスラックスが最適だと考えています。何のことはない、単に涼しいからです…

f:id:awayuki34:20170604231256j:plain

 夏、白でもライトグレーでもロイヤルブルーでもなく、あえて茶色を着るのですから、大切なのは説得力。間違って秋物着てきちゃった、道理で暑いなあ、ではないのです。

 夏の茶色に欠かせないのは光沢。そして薄く、軽やかな生地から生まれるドレープ。特に夏はゆったりしているほうが涼しいですから、タックが入っていると見た目も着心地もよいでしょう。残念ながら100%のものは持っておりませんが、モヘアは艶と、ウールに似つかわしくないシャリ感が夏にぴったりです。以前試着したときは、まるっきり上質な麻のようでした。

 

f:id:awayuki34:20170604231806j:plain

写真ではなかなか伝わりにくいですが、どちらも陽の光にあたると奇麗に輝きます。化繊のぎらつきとは違う、ウールの上質な照りです。

 

 さて、茶のスラックスを履いたなら、ベルトや靴が黒ではいけません。同じく茶色、それもあまり濃すぎないものが夏には馴染みそうです。そういえばベルトではなくサスペンダーも面白い。最近持て囃されてきています。夏にウエストを締め付けるのは半ば苦行ですし、上から吊るサスペンダーは楽でしょうね…まだ挑戦したことがないので確かなことは言えませんが。

 

 合わせるシャツは茶系のストライプなら外すことはないでしょうし、薄い青ならイタリア人定番のアズーロ・エ・マローネ(茶色+青)ですね!他にも緑、黄緑系のシャツもありだと思います。何となく、緑と茶は植物を連想させて相性よさそうですよね。

 夏は必然シャツ1枚になりますから、あまり大きすぎない、ジャストフィットを選びたいです。なに、ズボンは多少ゆったりしていて問題ないのですが、やはりシャツはだぼっとしていると見栄えがしない。それとネクタイを外すわけなので、シャツの襟の開きが大きいものを選ぶとカッコいいスタイルになりますね!

 

 というわけで、この夏、挑戦している人の少ない色に手を出して差をつけてみたいですね。私もまずは写真のズボンを裾上げしなくては…着る前から御託並べてしまって申し訳ないのですが。