白豕と淡雪

革靴、装い、たまに二次元。暇に飽かせて筆の赴くまま……

ネクタイの門~意外とどうでもいい色に関する小噺~

 ネクタイについて話す2回目。前回は幅についての話でした。手前で撮った写真が下手過ぎて申し訳ないのですが飽くまで文章がメーン(多分)なので許して!

 

 ということで、今日は誰しもが最も気にするであろう色の話です。

 

 罪深いことですがタイトルに色はどうでもよろしい、見たいなことを書き散らしました。今お店で何色が良いかドキドキわくわくしている多くの男性に張り倒されそうですね。ですが、それは別に何色を選んでも変わりない、ということではなくてですよ、どんな色でも合わせ方次第で映えるから、考え過ぎずに好きな色を選んでみてくださいということです。

 

 とはいえ個人的に受け付けないのは黒スーツにカラフルなネクタイ。以前ほど全盛という印象はないですが、まだまだビジネスシーンにのさばっている黒スーツ。就活の学生など、努めて陰気な風を装うかのように黒づくめですね。

 

 黒はコーディネートしやすい?いいえ、黒は無彩色ですから、同じ系統の白灰色黒以外はどうしたって浮きます。思い出してみてください、緩めの黒スーツに鮮やかなことこの上ない黄色や赤、橙のネクタイをしている方がスマートだったかどうかを。

f:id:awayuki34:20170606145104j:plain

 これなら黒スーツにも合わせて問題なさそうですね。レジメンタルはビジネスにそぐわないとかストライプの方向が云々とか、お洒落をかじった方の決まり文句ですし私も殊更レジメンタルが好きなわけではありません。でも日本では定番中の定番なわけですし、これを見て安心する人も多い。気取って見ない振りするわけにはいきませんね。

 

 さて他にスーツといえば、灰色紺色、茶系もマイナーですが需要はあります。これらに関して言えばこの色は絶対合わないからやめな、という色は無いといってもいい。詳しく一々書く紙幅はないので省きますが、ある色がスーツに合ってないと思う場合はコーディネートのミスか、ネクタイとスーツの色の明度が似通いすぎ、もしくはそもそも本人に合わない色なのかもしれません。(社会が許さない色というのもあります。ショッキングピンクや蛍光色などです)

 

 一つ提案として、白シャツではないものにしてみてはどうでしょう。深緑のタイなら、シャツは黄緑。赤いタイにごく薄いピンクのシャツ。その色のグラデーションが装いのまとまりです。黒スーツについて先ほど書いたのと同じことですね。関係ない色彩をいきなりぶち込むからまとまりが崩れるのです。

  

 スーツ、シャツ、タイ、チーフもですかね。数えるほどしかないパーツの色合いを考えるとき、あまり色を増やしたら野暮だというのは想像がつくでしょう。ほかのパーツから色を拾う、グラデーションを作る、そんなことから上手くまとまった装いになるはずです。どうぞそのあたりを意識してみてください。

 

 それでは今回はこんなもので。次は1回別の話、例のイタリア云々を挟んでから、気になる方も多そうな、柄について話します。