白豕と淡雪

革靴、装い、たまに二次元。暇に飽かせて筆の赴くまま……

或るイタリア男に就いての一考察Vol.5

 梅雨になれば雨が降る…出かけないのも一つの美学ですがなかなかそうはいきませんね。ならばいっそ傘やらレインコートやら雨靴やら、雨の日限定のアイテムを愉しみ尽くすのが粋ってものでしょう。

 

f:id:awayuki34:20170606162129j:plain

 黒衣の男…!これまで黒い服に対して冷淡な発言をしてきたかもしれませんが、これは良い黒ですなあ、黒が着たいならこれくらい徹底してほしい。空が灰色の時は装いもモノトーンにするのが自然に溶け込む流儀ですよ…?

 

 ということで、もう書くこともほとんどないのですが、一応1000文字は目安に書いているので頑張ります。雨ですからね、水増しです。

 

 この長靴、HUNTERというメーカーのもので、長靴といえば!みたいな定評あるメーカーです。もう少し短めの丈のものもあるので普通はそちらのほうが使いやすいかと。サイドゴアブーツ風の長靴とか、色々なメーカーでありますがやっぱりHUNTERのものは別格という感じがします。

 

 しかし、私も欲しい欲しいと思いながら、どうしても決断できないのは、長靴って雨が上がったら暑苦しいうえに滑稽じゃないか、という考えが首をもたげるからなのです。

 そういえば私が小学校も1年生のころ、足に合わない巨大な長靴を履いて朝出かけ、帰り道嘘のようにぎらつく太陽のもとで、足だけサウナに苦しめられた地獄のような想い出もフラッシュバックします。結局…脱いだり履いたりしながら帰ったんでしたかね(家まで2.5㎞)

 

 私と同じく長靴に一抹の不安を覚える同士は無難に雨用の革靴を買いましょう。ゴアテックスは人気ですし、私も一足持ってはいますがどうですかね?表面の革自体は濡れますから、それが気になってしまうのは私の気が小さいからでしょうか。

 

 まあ国内ブランドのスコッチ、リーガル、マドラス、どれも雨用の靴をラインナップしていますし、そうと銘打っておらずともガラス革は水に強いですね。ビジネスではなくなりますが、きちんと防水したスエードも結構タフです。

 

 それと、写真の男性はレインコートのみで傘はさしていません。両方使うのは些かスマートではないのでどちらか一方にせい、見たいなことがよく言われます。が、雨の日は濡れないことこそ至高なのでこのあたり、実を取るか外見を取るかはお任せです。

 

 傘もFOXやらマリオ・タラリコやらこだわり派の興味は尽きませんが、傘は失くすし取られるし、そこまでの投資は必要ないと思います。でも前に新聞か何かで芸術家の高い傘を買ったらなくすことはなくなったなんてエッセイを見た記憶もありますが…

 とにかく持ち手が木製で、透明なビニールでなければ人から見れば同じ。むしろ高級品を1本だけ持つよりは、スーツやコートの色に合わせて複数持つほうが良いでしょう。ベージュのトレンチで靴も茶色なのに黒い傘はマッチしません。

 

 とまあ色々書きましたが、傘は勿論大事にすれば長く持つものなので高くても心底気に入った物を大切に使うのは賛成です。

 

今日は若干私の雑談やら考えがうるさくなってしまいましたね。雨の日にぐっと紳士度を下げる方がおりますが、雨に耐えうる靴と、小洒落た傘があるだけでそういう事態も避けられます。雨用だと思うとなかなか買うモチベーションが上がらないものですが、この時期だからこそ思い切ってみたいものです(自分含め)。