白豕と淡雪

革靴、装い、たまに二次元。暇に飽かせて筆の赴くまま……

山奥でソムリエ田崎真也さんに聴く「ワイン概論」

 今朝、実に億劫ながら大学に向かったところ、授業の講師があのソムリエ田崎真也さんだと耳にして吃驚。いえ、何日だかに来るとは知っていましたが今日だとは知らなかったのです。

 

f:id:awayuki34:20170621140010j:plain

             オフィシャルサイトより拝借

 

 日本ソムリエ協会会長である田崎さん。写真は残念ながら撮れませんでした…私は携帯を持っていないので咄嗟の撮影が出来ないのです。

 でもこんな山奥の大学にもテレビカメラが入っているあたり、有名な人なんだなと実感しました。まあオーディエンスのほとんどは未成年なんですがね!1年生の受ける授業なのですよ。ワインといわれてもなあ…

 

 そういえば去年は同じくワインつながりで辰巳琢郎さんがいらしたそうです。以前サライで読んだのですが、辰巳さんもお洒落な感じのする方ですよね。

こちら今日の田崎さんは白パンに白シャツ、紺のジャケットで靴は黒。青系のチーフもふんわりと入ってなかなかダンディー。やはり写真がないと説明に困りますが。

 私も事前に知っていたらもう少し改まった格好をしたのに!雨も降っていて、学校も近所なものですからまるっきり近所のコンビニに行くよりひどい身なりの私でした。

 

 して、これから講義の中で非常に参考になったことなどを少し書きますが、私の要約や思い違いで本人のお話とは違ってくると思います。それは了解しておいてください。

 

 出々しは昨今の○○ソムリエに見られるソムリエ濫用を煙たがりつつ、ソムリエの定義を説明。へえ、と思ったのはソムリエとは「飲み物全般を扱い、管理し、サービスする仕事」というもの。ソムリエ=ワインとばかり思っていましたが、成程ワインの飲めない方には何もできません、ではないですよね。

 

 その後、お酒のできる仕組みを化学っぽく説明したり、日本でも縄文から果実酒やワイングラス型の土器が使われていたとか、「パリスの審判」(フランスのワインが最高だと決めつけていたけど、目隠しして飲んだらカリフォルニア産のほうが美味しかった事件)といったトリビアなどが紹介されました。

 

 ですが、一番面白かったのは日本とフランスのお酒の捉え方の差異、ひいてはワインの意味合いの話でしたね。

・日本→(食前)酒→酔うことでのコミュニケーション

・フランス→(食中)酒→料理を美味しくして、その感覚を共有するコミュニケーション

 

酔うために飲むのか、料理を味わうために飲むのか、ということ。念のため別に田崎さんが一方を貶めているわけではないのはことわっておきましょう。

 

 そこで田崎さんの仰ったのが「ワインは口の中で合わせる最後のソース、調味料です」というもの。まさに目からうろこ。この箴言をお伝えせんがためにこれを書いているようなものです!

 未成年の我々にわかりやすく例えてくださったのが、カステラに牛乳。卵黄の風味、カラメルの香ばしさに牛乳が合うなあ、というのと同じなのだということです。

 

 私は勿論年齢上、ということもありますがお酒を飲んでいる方があまり好きではないんですよね。身内にいないので慣れないというのだけでなくって、こういう言い方が許されるなら若干見苦しいといいますか…

でも今日のお話を聞いて、ああそういう考え方もあるのか、酔うためではないお酒もあるんだなあと考えを新たにする部分もありました。まだ全くの肯定派にはなれませんが。

 

 それと、もし飲むのなら参考になると思ったのは白と赤の選び方。

白は魚、肉は赤と教条的に覚えるのではなくって、赤ワインは種から出るスパイシーな香りがあるからスパイスを添えたくなるものと合わせる。

逆に白ワインは酸味が特徴だから、レモンなど柑橘類を絞りたくなるものと合わせる。

 それに倣えば鰻のかば焼きは、魚といえど振りたいのは山椒なので、赤。しゃぶしゃぶはポン酢につけるので、肉だけれど白が合う、ということらしいです。成程…

 

 ということで、今回は突発的なイベントがあったので急いで書いてみました。ワイン愛好家の皆様には余計なお世話だったかもしれませんね。参考になる部分ありましたら嬉しいです。