白豕と淡雪

革靴、装い、たまに二次元。暇に飽かせて筆の赴くまま……

ジャケットを脱ぐその前に…

 7月になりましたね。ラッキーセブン?いいえ、7月というだけで気温が上がったように感じる、忌まわしき節目です。

 

 もう大抵の方は重苦しいジャケットを脱ぎ捨てて、足取り軽くシャツスタイルを謳歌しているところでしょうがそれに水を差すのが当ブログ。

 

f:id:awayuki34:20170613154136j:plain

 ベストです。最近はジレと呼ばれることが多いでしょうか?何だか洒落者の方たちがやたらめったらジレと叫んでいるので私はベストと言ってみました。別にウエストコートでもチョッキでも、何でもいいです。

 

 スーツ→夏が来る→シャツスタイル。何を契機にぱっと背広を脱ぎ捨てるのかは人それぞれですが、学生の衣替えじゃないわけですし、何かワンクッション置きたい。そこでベストが出て来るわけです。

 

 薄い夏物ならジャケットよりは可也涼しいですし、冷房に備えて鞄に忍ばせておいても良いですよね。奇麗に畳むと本当にかさ張りません。

 

 あまり光沢のないものや、柄の華やかなものはカジュアルでも兼用できます。写真の2着ならビジネスシーンだけでなく、普段使いでも対応できそうですね。ちなみに右側のものはリバーシブルで、裏はシンプルなグレーです。そういう小技の効いたものが多いのもベストならでは。

 

 もう少しカジュアルなものが良い…という方は綿や麻素材のものがおすすめです。これならばデニムなどに合わせても問題ないでしょうし、奇麗めなシャツやチノパンに合わせたら気軽なドレスアップにもなりそうです。

f:id:awayuki34:20170613160308j:plain

 これ、ikkaで買ったものなのですが若者向けの店でこうも余計なディテールがない、シンプルなベストが売ってるんだなあ、と素直に感心した覚えがあります。

 

 個人的な意見では、ベストはパッチポケットでないものを選ぶとカッコいいと思います。同じ理由で、Tシャツなどに合わせたり、前を開けるのも反対。鳥渡クラシカルなアイテムなので、変に崩すより正統派に着こなしたいものです。

 

 ジャケットに合わせるのは…?勿論構いません。別に三つ揃いでなくとも、色違いのベスト(オッドベスト)で何ら問題ないですよ。ジャケットの中に着るなら無地が使いやすいと思いますね。あとは余り似通った色でないほうがメリハリがついて面白い着こなしになると思います。

 

 ということで、ベストに関する話でした。冬になったら毛糸のベストも良いですよね。まあそれはまた秋も終わりになった辺りで書こうと思います。