白豕と淡雪

革靴、装い、たまに二次元。暇に飽かせて筆の赴くまま……

私は持っていないけどスワールトゥってそんなにだめですか?

 残念ながら持っておりませんので以下、借り物の写真です。スワールトゥ、もしくはツーシームと呼ばれる靴ですね。

f:id:awayuki34:20170621162116j:plainf:id:awayuki34:20170621162203j:plainf:id:awayuki34:20170621173310j:plainf:id:awayuki34:20170621173417j:plain

 

縦に流れる2本の縫い目が特徴の靴。実際に履いてらっしゃる方も多いはずです。

ひと頃ほどの勢いはない気もしますが…とはいえ今でも様々なメーカーのラインナップから外れないのは、一定の支持があるからでしょう。

 

 ところでこのスワールトゥ、結構な靴好きの間で蛇蝎のごとく嫌われてるってご存知ですか?

 曰くカジュアル、曰く安っぽい、魔法使いの靴みたい云々…スワール憎しの言辞が踊り狂う靴の世界。

 

 何だかそんなのを見ているうちに、別にスワール良いじゃない、むしろ買っても良いし!とすら思えてくるのが私でした。

 

 一体この形の何が問題なんでしょう。カジュアルだから…派のいうことは尤もなのですがUチップやモンクが罷り通るのですからスワールトゥを禁ずる理由としては弱すぎます。

 といいますか、結論は分かっているんです。何故スワールトゥが叩かれるのか。

こんなこと言いたくはないのですが、それはスワールトゥを履く人が奇麗に履いていないからです。

 

 もちろん全員ではないんですよ。でも廉価品に採用されたおかげで、靴に無頓着な人が何となく手に取る形になってしまった。折しものロングノーズブームも相俟ってですね。

 何となくカッコいい、そんな程度で履くと爪先をぶつけます、削れます。しかもシューキーパーは入れない、すると爪先が反りあがってくる。これではまともな靴好きに嗤ってくれと言っているようなものです。

 やがて、身近にぼろぼろのスワールトゥを見続けた靴好き達はスワールトゥはダサい、安っぽい、と思うようになった、というのが大体のストーリーではないか?と妄想たくましく考えてみました。

 

 どうすればいいのか?簡単ですね。お手入れです。

 時々安い靴だから何もしなくていいと思っている方がいますが、それは違う。私はセメント式の靴にだってシューキーパーは入れますし、ガラス革だってクリームを塗ります。

安いうえに傷だらけだったらそれはもうどうしようもなくなっちゃいますよね。セメントの靴だって修理できるんですよ。ローテーションしつつ、大事に表面さえ手入れしておけば長く履けるんです。

 

 スワールトゥは特に爪先を強調する靴ですから、ここを目立たせないようにしなくてはいけません。傷やらで消耗すれば逆に目立ちます、悪目立ちです。鏡面にもしなくていいと思いますよ。むしろ艶を押さえてケアした方がかっこいい靴だと思います。

 

 ということで、今回はスワールトゥ悪くない。ただし奇麗に履いてみて、という話でした。上手に使えばON/OFF兼用の便利で面白い靴だと思います。デザインのバリエーションも豊富!私も機会があれば買ってみたいものの一つです。