白豕と淡雪

革靴、装い、たまに二次元。暇に飽かせて筆の赴くまま……

米伊代理戦争~Buttero/Frye~


 今日お話しする靴は、どちらも私の靴ではなく、加えてメンズの靴でもないのです。

 

 一応私が見繕ったとはいえ、妹の靴なので、レディースのブーツの話になります。多分読んでくださる方は男性が多いでしょうからまずはそう断ったうえで、しかしどちらのメーカーも男性用を作っていますから参考になれば、と思います。

ちなみに2足とも購入はYOOXにおいてです。

 

 

f:id:awayuki34:20170920161556j:plain

一足目はフライ。アメリカのブーツメーカーですが、これはメキシコ製でした。

 

注意点として、YOOXではワイドフィットとして扱われていますがとんでもない!可也幅が細いので、妹の場合ワンサイズ上げてようやく足が入る、といった具合。

f:id:awayuki34:20170920161907j:plain

 本来彼女が欲しかったのはジャストサイズで注文したこちらのブーツ。しかし全く足が入らず、返品することに。

 

  余談ですがYOOXは海外の通販ですが返品が簡単で、付属のシールを持って近くの配送センターに持っていくだけ。大袈裟でなく10秒で終わりました。返金額から800円引かれることで送料になっているようですね。

 

 見比べると明らかに黒いほうが上質(素材だけでなく作り、仕上げも)でしたが、履けない靴では仕方ない。グレージュの靴はレザーソールで持て余すでしょうから半張りをしました。

 

して、このブーツ。アメリカの靴だから、と片付けると怒られそうですが良くも悪くも大雑把。

ソールは、イタリアの靴に慣れていると少なくとも滑らかで、もしくはロゴやデザインが施されて、奇麗に色を塗ってあると思うでしょう。いえ、デザインなどないばかりかデコボコしています。

更にトップリフトのゴムははみ出し、コバは鋸で木材を切った断面のようにざらりとしている。

とまあ、細かく書いていけば色々ありますが、このブーツの雰囲気としてそれもありかな、と思わせるものです。クリームを一瞬置いただけでシミになってしまう、このナチュラルな革にはこれくらい気取らない仕上げでも釣り合いが取れているかもしれません。

 

 製法は意外にもマッケイ。黒のエンジニアはマッケイ+ステッチダウンのように見えました。元値は4万円近いものを、1万円台前半で購入。流石に元値では厳しいですが、後述するButteroよりもこちらを履きたいという人がいてもおかしくはない。雰囲気が気に入ったのであればありだと思います。

 

f:id:awayuki34:20170920162000j:plain

丈が長いので写真に撮りにくく、また写りも今一つですが、革の雰囲気が違うのは分かっていただけるかな、と思います。

 

 正直なところ、ブッテロがここまで良い革を使っているとは思いませんでした。先程のフライも履きこんでいきたい革でしたが、こちらは別のベクトルで経年変化が楽しみです。美しく色むらが出来ていくんじゃないかな、と思います。ドレスシューズに使っていても可笑しくないほどに滑らかな革です。

 

ブッテロも価格はセールで13000円程だったはず。流石にメンズはここまで安くなっていませんが、レディースは1万円台でいろいろ選べるな、という印象でした。

 

f:id:awayuki34:20170920162057j:plain

ラバーソールですが、釘がびっしり。意味合いは置いておいて、こういう意匠は好みです。製法は多分ブラックラピドですね。ソールも分厚いので長く履けそうです。

サイズ感としては、甲が可也低いとのこと。それは、履けない私でもあるものを通して強く感じました。無印良品の、シューキーパーです。

 

 私も男性用を使っていてお気に入りなのですが、レディースには困りました。23㎝~のはずが23㎝のブッテロには全身の力を使ってねじ込まねば入らず、検証のため23㎝のパンプスにも試しましたが入りませんでした。

男性用は25㎝~とされていて、私の25㎝にゆったり入るのですが、どういうことでしょう。

おそらくは甲が高すぎます。あまりにも低いのは問題ですが、このシューキーパーは異様に甲高。男性用よりも高さがあります。

 やすりでもう、ビスポークのシューツリーのように独創的なシルエットに仕上げることとなりました。付属の紙やすりというレベルではなかったので、金属のやすりを買うことになりましたが…

 

 

ということで、ちょうど新品の状態で2足を比較できたため記事にしてみました。私がもしどちらか選べ、と言われたらブッテロかな、とは思いますがフライでもエンジニアの方はとてもカッコよかったし、迷うところですね。

 

 妹はしっかりした革靴がほぼ初めてなので、これを機に色々手入れなども覚えてくれるといいな!と思いつつ、ブラシ、乾拭き、シューツリー、と基本中の基本だけ口を酸っぱくして説いてみました。

 

 私と違ってかなりの頻度(後生だから最低でも3足ローテを組んで、と頼みましたが)で履くでしょうし、次に会うときは可也使い込まれた感じになっていると思います。もしかするとその変化も記事にできるかな?自分としても楽しみです。