白豕と淡雪

革靴、装い、たまに二次元。暇に飽かせて筆の赴くまま……

YOOXで買うフランチェスコベニーニョその2

 「その2」…おかわりとかハロー!!とか現代人の英知が数多の表現を編み出してきたというのに?

嘆かわしいくらいの凡庸さで以てこの文章が以前の記事の続編に近いものであることを表すついでに、も一つ告白をしてしまいましょう。

f:id:awayuki34:20180220154023j:plain

左側のブーツ、まだ履き下ろせていません。秋も、冬も、ただただオブジェでした。

 

liaodongspig.hatenablog.com

  さて熱心な読者様(もしおられたら感謝感激)なら覚えておられるかもしれません。上の記事において、結局買ったブーツの他に対抗馬があったと書いていたことを。

 

それの色違いがこの茶色いダブルモンクブーツ。YOOXへ奇跡的にマイサイズだけが再入荷、もしくは返品で戻ってきたところをすかさず捉えました。

f:id:awayuki34:20180220154016j:plain

 いや、文句から始めるのは不本意極まりないのですが、それもこれもこの種の靴の宿命でしょう(寒い!)

 

 私にとってはこれが初モンクなのですが、モンクって履きにくい…

毎度毎度ストラップを外しては通ししていたらすぐ痛みそうですし、かといって短靴ならともかくブーツタイプではストラップを付けたまま足は入らないし。

 

何よりこの靴、甲高の私だとストラップが閉まらないのですよ。

サイズ自体はぴったりなので、どこか店に持っていって穴を足してもらうつもりです。

 

f:id:awayuki34:20180220154017j:plain

キャップの切り替え部分がこの靴の魅力。

縫い目の見えないような作り、レベルソ仕立てなんて言います。

レベルソって何だ?と思いましたが、別名の返し縫や、腕時計の「レベルソ」から考えても英語のリバースなんでしょうね。

f:id:awayuki34:20180220154018j:plain

サイドも同じく。

私だけかもしれませんが、アッパーに縫い糸が露出していると、ブラシを思い切りかけたりするときに鳥渡だけ不安です。なのでこの仕様は大歓迎。

 

f:id:awayuki34:20180220154020j:plain

おお、初ダイナイトと思ったのも束の間。ダイナイトもどきです。

若干柔らかいこの感触はビブラムのダイナイト風(#2055)にも似ていますが、ロゴが無いので違うかな?

まあ歩きやすそうなので良しとしましょう。

 

f:id:awayuki34:20180220154022j:plain

YOOX曰くリアルファー。それを確かめる術はないのですが、念ずれば花…は違うか、知らぬが仏ですよ。

f:id:awayuki34:20180220154021j:plain

商品説明ではこういう風に毛皮を見せていたので、こちらが真の姿なのでしょうか。

まあ装いに合わせて変えるのも楽しそうです。

 

 最後にお値段ですが、YOOXでの最初の値段65000円から下がりに下がって1万数千円

。加えて全品30%offの日に購入したので結局は1万円程で購入しました。

これを味わってしまうともう5万円では…

 

 ということで2足目のベニーニョ紹介でした。ダブルモンクブーツは何とも言えず見ていて幸せです。どう履くのか、何に合わせるのか、そんなことが些事に思えるような洒落た靴。履きたいときに、履きたいように、気負わず履けるようにしたいですね。